History

慶應大学理工学部卒業。新卒で日本最大の外資系コンサルティング会社に入社。
海外でのシステム導入など様々なプロジェクトの経験を経て、現在も各国に拠点があるグローバルファームにてコンサルタントとして活躍中。 留学やホームステイなどの経験はないものの、語学力を磨き、英語を使って仕事をしている。

コンサルティング会社入社後、仕事中心の生活に疑問を抱き、2010年にイベント開催をノウハウ0の状態からスタート。
翌2011年に、お台場ZepTokyoに招致されて英会話のイベントを開催。
初めてのイベント開催から7年目の現在は、美容・健康や料理などの女性向けのものと英語関連を中心に年間50回以上のイベントを開催し、本業であるコンサルタントと趣味のイベントオーガナイザーの両方を楽しんでいる。

2014年からは「2枚目の名刺」をテーマに、「イベント開催や集客に関する講座」、「キャリア構築をテーマにしたセミナー」を開始。
また、「モチベーションを保つための時間術」や「今も未来も大切にするための時間術」を伝えることで、多くの女性たちをサポートしている。

Message

わたしは、コンサルティング会社でコンサルタントとして働く一方、週末には様々なイベントを主催するイベントオーガナイザーとして活動しています。

コンサルタントとしての仕事は、決してラクではなく、帰宅時間が遅くなることも。だからと言って、仕事ばかりの偏ったバランスで生きることは、わたしの望みではありません。イベントを開き、様々な人と出会い、知識や体験をシェアすることは、まさにわたしのやりたいこと。そのため、「コンサルタントとしての自分」と「イベントオーガナイザーとしての自分」の両方を大切にしています。

ハードな仕事をこなしながらイベントを続けることは、始めはとても大変でした。いつも時間がないと感じ、家族や友達と過ごす時間を削ってまで、両立を目指していました。毎月、何冊もの時間術に関する本を読んでは試してみましたが、作業スピードは速くなるものの、何故か状況は解決せずに月日が流れるばかり。

そんな時、社会人4年目に家族の介護を経験したことによって、わたしの人生観は大きく変わりました。ただただ仕事やイベントをこなすだけの日々には満足感はないと気がつき、「今」にフォーカスして過ごすことの大切さを学びました。

それから時間術に求めるものも変化し、「作業が速くなる技術」を大切にする一方で、「本当に自分が大切にしたいことに時間を使うこと」や「モチベーションを維持すること」に目を向けるようになりました。

このような経験を活かし、「今」を満足して過ごすための気づきや方法を、少しでも多くの人に伝えていきたいと考えています。

わたしが提供する講座は、「どうして時間を上手く使えないのか」と悩む方々に、作業スピードだけでやりくりしようとするのではなく、根本的な原因と自分の望む生活スタイルに向き合うことで、それに合った時間術をお伝えすることを目的としています。